スマホ・携帯からでもフリーダイヤルOK

0120-258-308

スポーツ事故に強い弁護士 スポーツ事故に強い弁護士
初回弁護士対面相談は無料

スポーツ・レジャー・イベント・アクティビティ中の事故の損害賠償・保険金請求や、後遺障害等級の申請に弁護士が介入することで、ご相談者さまのおケガや後遺障害に見合った賠償金・保険金を獲得します。

ウインタースポーツの事故

ウインタースポーツの事故

スキー中、スノーボーダーに追突され転倒、大ケガをし、後遺障害が残った。

加害者側への損害賠償金請求、保険会社への保険金請求をしたい。

スキー・スノーボード(スノボ)・スノーモービル・アイススケート・犬ぞり
マリーンスポーツの事故

マリンスポーツの事故

スキューバダイビングの最中、運営会社のミスにより脚を受傷。

認定された後遺障害等級に納得が行かず、弁護士に相談したい。

サーフィン・スキューバダイビング・シュノーケリング・サップ(SUP)・バナナボート・ジェットスキー・カヌー・カヤック・ラフティング・キャニオニング・シャワークライミング・ウェイクボード・フライボード・ボディボード
レジャー・アクティビティの事故

レジャー・アクティビティの事故

登山トレッキングツアーに参加した際に大ケガをし、後遺障害が残存。

ツアー運営会社が傷害保険に加入しているので、適切な額の賠償金を受け取りたい。

登山・トレッキング・ハイキング・パラセーリング・スカイダイビング・バンジージャンプ・ケイビング・パラグライダー・アスレチック・乗馬・ボルダリング・ゴルフ・フットサル・スポーツジム・サイクリング・ツーリング
校内・部活中の事故

校内・部活中の事故

授業や学校行事、部活動で子供がケガをし、後遺障害が残った。

学校や部活顧問の責任を問い、損害賠償金を請求したい。

ラグビー・サッカー・柔道・マラソン・陸上・野球・バスケットボール・バレーボール・水泳・プール・体操・組体操・アメフト・レスリング・ボクシング・バドミントン・テニス・剣道・ダンス・チアリーディング
後遺障害等級の認定時に…

後遺障害等級の認定

残存した後遺障害の症状に対して認定された、後遺障害等級や賠償金・保険金が低いと感じる。

後遺障害等級が上昇することにより、賠償金が増額することを期待し、弁護士に依頼したい。

その事故被害、
プロスト法律事務所の
弁護士にご相談ください。

弁護士に頼むべき理由1

加害者側、ご自身の保険会社に任せきりにすると、適切な後遺障害等級や損害賠償金・保険金が得られないケースが多くあります。弁護士に依頼することで、後遺障害等級の上昇や損害賠償金・保険金の増額を実現できる可能性があります。

弁護士に頼むべき理由2

相手方との後遺障害等級、及び損害賠償金・保険金額の交渉を一括して弁護士に任せることで、時間・精神的に余裕を持つことができ、日常生活に支障をきたすことなく、問題を解決できます。

青年

弁護士に頼むべき理由はわかりました。
ところで、弁護士なら誰に依頼しても同じですか?

弁護士

いいえ、違います!
弁護士の手腕によって、解決結果は大きく変わります。弁護士を選ぶポイントは以下の2つです。

解決する弁護士が、
医療にも詳しいことが重要。

スポーツ・部活動・レジャー・イベント・アクティビティ中の事故等の解決には解決に当たる弁護士に、法律だけではなく、医療分野の知識も求められます。

プロスト法律事務所では定期的に医療知識を深めることを目的とした研究会を実施し、日々研鑽に努めております。

解決数が多いこと、
重傷事案などの解決実績が
豊富であることが重要。

弁護士の実力を測る基準として、解決に当たる弁護士事務所に「重傷事案・難事件の解決実績が豊富にあるか?」があります。

プロスト法律事務所は経験40年・解決数4,000件の実績があり、重傷事案の解決実績も数多くあります。

事故の被害に遭われたら、弁護士にご相談を

プロスト法律事務所

スマホ・携帯からでもフリーダイヤルOK

0120-258-308

月曜~木曜 9:00~18:00 / 金曜 9:00~17:00

上記の曜日・時間外は留守番電話で対応します。
メールでのお問い合わせは、24時間お受付しています。

※物損事故、事故加害者からの相談は受け付けておりません。
※後遺障害が残存しない方のご依頼はお受けしておりません。

プロスト法律事務所

スポーツ・部活動・レジャー・
イベント・アクティビティ中の事故に強い

プロスト法律事務所にご相談を。

事故の被害に遭われたら、弁護士にご相談を

プロスト法律事務所

月曜~木曜 9:00~18:00 / 金曜 9:00~17:00

上記の曜日・時間外は留守番電話で対応します。
メールでのお問い合わせは、24時間お受付しています。

※物損事故、事故加害者からの相談は受け付けておりません。
※後遺障害が残存しない方のご依頼はお受けしておりません。

プロスト法律事務所は、
交通事故
労災の問題を、40年にわたり
4,000件以上解決してきた実績があります。

質問する女性

交通事故や労災が「スポーツ事故」の解決と何か関係あるの?

説明する弁護士1

はい!実は、大いに関係があります!
ご説明します。

十分な損害賠償金や保険金を請求を獲得するために最も重要なポイントは、お怪我の内容に見合った適切な後遺障害を獲得することです。

これは事故の原因が交通事故や労働災害の場合でも、スポーツ・レジャー・アクティビティの場合でも同様です。

適切な後遺障害等級の獲得のためには、解決に当たる弁護士が、法律はもちろん医療分野の知識を身に着けていること、後遺障害獲得の経験が豊富であることが重要です。

交通事故や労災の問題を多数解決してきた実績・経験で、スポーツ事故のより良い解決を実現します。

損害賠償金・保険金の増額に、
適切な後遺障害等級の認定が重要な理由。
損害賠償金・保険金の増額に、
適切な後遺障害等級の認定が
重要な理由。

損害賠償金や保険金の金額を算定するに当たって、中心となる後遺障害慰謝料や逸失利益は後遺障害等級に応じて基準が定められています。

後遺障害等級は症状の程度に応じて 1~14 級に分かれているのですが、この等級が 1 つでも変わると、数百万円・数千万円も賠償額・保険金額が変わってくることがあります。

それだけに、まずは適正な後遺障害等級の認定を受けることが必要不可欠なのです。

説明する弁護士2

だから、適切な後遺障害等級の獲得が大切なのです。

納得する女性

ナルホド!
法律はもちろん、医療にも精通した、解決実績が豊富な弁護士に依頼すべきですね。

ポイント

保険会社任せにしてしまうと、後遺障害に見合った後遺障害等級の認定がされにくいケースが多く、これでは本来認められるべき損害賠償金・保険金が得られません。

適切な後遺障害等級、損害賠償金・保険金の獲得のためには、法律の知識はもちろん、医学分野にも明るいこと、難事件 (例えば、後遺障害1級の事例や、高次脳機能障害の事例など)解決の実績・経験が豊富であることが重要です。

後遺障害獲得に強い弁護士をお探しなら、プロスト法律事務所へご相談ください。経験豊富な弁護士が、適切な損害賠償金・保険金獲得の力になります。

スポーツ・部活動・レジャー・
イベント・アクティビティ中の事故に強い

プロスト法律事務所にご相談を。

事故の被害に遭われたら、弁護士にご相談を

プロスト法律事務所

大阪市浪速区難波中3-5-4

難波末沢ビル7階

スマホ・携帯からでもフリーダイヤルOK

0120-258-308

月曜~木曜 9:00~18:00 / 金曜 9:00~17:00

上記の曜日・時間外は留守番電話で対応します。
メールでのお問い合わせは、24時間お受付しています。

※物損事故、事故加害者からの相談は受け付けておりません。
※後遺障害が残存しない方のご依頼はお受けしておりません。

弁護士報酬と3つの安心

3つの安心

プロスト法律事務所では、ご相談者さまの安心のために、以下の3つをお約束します。

安心 その1

安心その1

安心 その2

安心その2

安心 その3

安心その3

※ 弁護士との初回無料相談の時間目安は30分です。

弁護士報酬

基本報酬

経済的利益の22%(税込み)

  • 死亡事故や重傷事案
    16.5%(税込み)〜22%(税込み)
  • 訴訟の場合、基本報酬
    +5.5%(税込み)

※ 上記のほか、裁判所に納める郵券・印紙代、書類の取付費用などの実費が掛かります。

プロスト法律事務所は

成功報酬
費用は後払い(解決後)

安心してご相談ください。

ご依頼者のもとに賠償金・保険金が支払われてから弁護士報酬を後からいただくので、
原則、事前にご相談者さま側に弁護士報酬をご用意していただく必要はありません。
費用に関するご心配なく、安心してご相談ください。



いつ弁護士に
相談するべきか?

1. 症状固定(治ゆ)の話が出たとき

適切な等級認定のため、症状固定の前に受けるべき検査や、診断書の記載漏れがないか等。
弁護士が事前にチェックします。

2. 後遺障害の等級に納得がいかないとき

後遺障害診断書や認定結果などの資料を拝見し、等級上昇の可能性を診断します。

3. 加害者・保険会社から賠償金・保険金の提示がされたとき

賠償金・保険金の増額や解決の見通しについて、実績豊富な弁護士がアドバイスさせていただきます。

4. 重篤なケガを負った場合 / 死亡事故の場合

お早めにご相談ください。重篤なケガを負った場合、治療初期の段階で、適切な診断や検査を受けているか否かが、後の後遺障害認定に大きな影響を与えます。

スポーツ・部活動・レジャー・
イベント・アクティビティ中の事故に強い

プロスト法律事務所にご相談を。

事故の被害に遭われたら、弁護士にご相談を

プロスト法律事務所

大阪市浪速区難波中3-5-4

難波末沢ビル7階

スマホ・携帯からでもフリーダイヤルOK

0120-258-308

月曜~木曜 9:00~18:00 / 金曜 9:00~17:00

上記の曜日・時間外は留守番電話で対応します。
メールでのお問い合わせは、24時間お受付しています。

※物損事故、事故加害者からの相談は受け付けておりません。
※後遺障害が残存しない方のご依頼はお受けしておりません。


プロスト法律事務所が
解決した事例

事例 1ダイビング中の事故

Aさんはダイビング中、施設側のミスで動き出した船のスクリューに膝を巻き込まれて受傷。Aさんは治療終了後、施設加入の傷害保険・ご自身の人身傷害保険から後遺障害12級を認定された。Aさんはこの内容に納得がいかず、争う手段がないかプロスト法律事務所に相談。

当弁護士事務所は、相手方保険には後遺障害認定機関がないものの、医療証拠を揃えて交渉することで後遺障害を上昇させられる可能性があると指摘。

当弁護士事務所にて後遺障害を分析し、保険会社側に再検討を求めたところ、後遺障害は9級に等級上昇。傷害保険・人身傷害保険がアップ。

人身傷害保険・傷害保険では損害をまかないきれないため、施設側にも賠償金を請求。和解し、総額3,701万円で解決。

Aさん 30代 会社員 男性

事故内容 :  船のスクリューへの膝の巻き込み事故

損傷内容 :  前十字靭帯断裂 (12級→9級)

請求先  :  人身傷害保険 / 傷害保険 / 施設側

賠償金額の増額について

当事務所に依頼前 2,101万円
当事務所に依頼後 3,701万円
  • 後遺障害等級12級→9級に上昇!
  • 賠償金も1,600万円アップ!

解決金額 内訳

傷害保険 556万円
人身傷害保険 2,615万円
施設側から和解金 530万円
合計 3,701万円
  • 後遺障害等級12級→9級に上昇!
  • 賠償金も1,600万円アップ!

解決のポイント

  1. 後遺障害認定機関はないが、証拠を揃え、交渉で後遺障害等級を上昇。
    結果、後遺障害12級→9級に上昇。賠償金・保険金アップ。
  2. 使える保険を確認して保険金を回収し、さらに、不足した賠償金を運営施設側に請求。

事例 2スキー中におきた事故

Mさんがスキーで滑っていたところ、後方から衝突され転倒。腰椎圧迫骨折の怪我を負う。
Mさんには腰の痛みなどの後遺障害が残ったが、加害者側の保険会社からは後遺障害の話はなく、傷害分のみの示談案が提示された。

Mさんはこの対応を疑問に思い、当弁護士事務所へ相談。当事務所で画像を確認し、事故による新鮮な腰椎椎体の骨折であることを確認。

Mさんに必要な画像の撮影を指示し、圧壊の程度を計測した結果、Mさんの後遺障害は8級相当であると判断。

保険会社に「後遺障害」の損害も計上して示談交渉を開始。最終的に保険会社は後遺障害8級相当であることを認め、結果として提示の40倍以上である総額1,767万円で解決となった。

Mさん 50代 男性 会社員

事故内容 :  スキー中の事故

損傷内容 :  腰椎圧迫骨折

請求先  :  賠償責任保険

賠償金額の増額について

当事務所に依頼前 約40万円
当事務所に依頼後 1,767万円

ご依頼後の結果

  • 後遺障害等級8級相当と認定!
  • 賠償金も1,700万円以上アップ!

解決のポイント

保険会社が後遺障害分の損害を計上しなかったため、
画像分析して適正な等級の見通しを立てて保険会社に請求。

スポーツ・部活動・レジャー・
イベント・アクティビティ中の事故に強い

プロスト法律事務所にご相談を。

事故の被害に遭われたら、弁護士にご相談を

プロスト法律事務所

大阪市浪速区難波中3-5-4

難波末沢ビル7階

スマホ・携帯からでもフリーダイヤルOK

0120-258-308

月曜~木曜 9:00~18:00 / 金曜 9:00~17:00

上記の曜日・時間外は留守番電話で対応します。
メールでのお問い合わせは、24時間お受付しています。

※物損事故、事故加害者からの相談は受け付けておりません。
※後遺障害が残存しない方のご依頼はお受けしておりません。



プロスト法律事務所の
弁護士紹介

御厩 高志

プロスト法律事務所 代表弁護士

御厩 高志

31期大阪弁護士会所属

スポーツ事故に強い
弁護士にお任せください

スポーツ事故の問題解決には法律に詳しいだけではなく、医療に関する深い知識が極めて有効です。日々の研鑽を怠らず、所員一丸となり、依頼人の最善の利益を追求します。

林 征人

弁護士

林 征人

大阪弁護士会所属

依頼者にとって
より良い解決を実現する

スポーツ事故において、相談者さまが治療に専念でき、納得のいく賠償金・保険金が得られるよう、「依頼者にとってより良い解決」を意識して、日々の仕事に取り組んでいます。

佐々木 元起

弁護士

佐々木 元起

大阪弁護士会所属

適切な補償と
未来を共に考える

スポーツは心身の成長につながる素晴らしいものです。私も野球・水泳・柔道を経験しました。一方で、重篤な結果を急に抱えてしまった方へ適切にリーガルサポート致します。

ご依頼の流れ

  • 流れ 1

    まずはこの『流れ1』の
    お問い合わせから始めてください。

    電話・メールでお問い合わせ
    当弁護士事務所のスタッフが事故やお怪我の内容を
    ヒアリングさせていただきます。
  • 流れ 2
    弁護士との対面ご相談
    ご相談者さまのプライバシーはしっかり守ります。
    弁護士との初回相談は無料です。
    スポーツ事故に強い弁護士がていねいに対応させていただきます。
  • 流れ 3受任
    適正な賠償金・保険金、後遺障害等級が得られるよう、弁護士が最後まで全力でサポートします。

コロナ感染症対策と、
ネット面談の実施について

当事務所の
感染防止対策について

ご相談者さまに安心してご相談いただけるよう、相談室の換気・飛沫感染防止パネルの設置・全スタッフのマスク着用など、感染防止対策に万全を期しております。

インターネット面談について

「コロナ禍で外出できない…。」ご来所しづらい事情がある方へ、プロスト法律事務所ではZOOMなどを使ったネット面談もご用意しております。



プロスト法律事務所の
事務所情報

代表弁護士 御厩 高志 (みまや たかし)
大阪弁護士会所属
所在地

大阪市浪速区難波中3-5-4

難波末沢ビル7階

営業時間
月曜~木曜 9:00~18:00
金曜 9:00~17:00
定休日 土・日・祝日
お電話 0120-258-308
FAX 06-6643-1194
事故の被害に遭われたら、弁護士にご相談を

プロスト法律事務所

スマホ・携帯からでもフリーダイヤルOK

0120-258-308

月曜~木曜 9:00~18:00 / 金曜 9:00~17:00

上記の曜日・時間外は留守番電話で対応します。
メールでのお問い合わせは、24時間お受付しています。

※物損事故、事故加害者からの相談は受け付けておりません。
※後遺障害が残存しない方のご依頼はお受けしておりません。

スポーツ・部活動・レジャー・
イベント・アクティビティ中の事故に強い

プロスト法律事務所にご相談を。

事故の被害に遭われたら、弁護士にご相談を

プロスト法律事務所

月曜~木曜 9:00~18:00 / 金曜 9:00~17:00

上記の曜日・時間外は留守番電話で対応します。
メールでのお問い合わせは、24時間お受付しています。

※物損事故、事故加害者からの相談は受け付けておりません。
※後遺障害が残存しない方のご依頼はお受けしておりません。